大腸がんの初期症状

大腸がんの症状

大腸がんの初期症状

大腸がんのガイド

大腸がん初期症状について、解説致します!

 大腸がんは部位にもよりますが、初期症状に気づきにくいがんといわれています。

結腸がん、直腸がんともに進行がゆっくりであること、そして便秘や下痢といった代表的な症状が、普段から決して珍しいものではないことが理由として挙げられます。

もともとおなかの調子を壊しやすい人や、痔の症状がある人は特に大腸がんのサインを見逃しがちです。年に1度は定期検診を受けるようにしましょう。

大腸がんにみられる「血」

 大腸がんの初期症状としてもっとも特徴的なのが、血便下血です。

ただし肛門から遠い上行結腸や横行結腸のがんでは、これらの症状が少ないため、血の有無だけで判断はつきません。

また痔核をもっている人の場合、血が見られても「いつものことだ」と片づけがちです。

大腸がんによる出血の場合、徐々に量が増えていき、便の周りにつくことが多いのですが、素人が区別することは簡単ではありません。

出血がみられた場合は念のため、大腸がんの検査を受けることをおすすめします。

大腸がんにみられる「下痢と便秘」

 これも普段からおなかを壊しやすい人にとっては珍しくない症状ですが、大腸がんの代表的な初期症状です。

腫瘍で腸が塞がれ、腸の活動が活発化したり停滞したりすることで、下痢と便秘をくり返しやすくなります。この症状を「交代性便通障害」と呼びます。

また腸が狭くなることによって、毎回の便が細くなる「便柱狭小」という症状が起こることもあります。

1度に排便できる量が少なくなり、日に何度もトイレに立つことが増えた時は要注意です。特にS字結腸のがんに多くみられます

ただし便通異常も出血と同様、肛門から遠い部位に発生したがんでは、なかなか起こらない傾向があります。

このように、大腸がんの初期症状は「大したことじゃない」と見逃されがちなものが多いことが分かります。

肛門から遠ければ遠いほど発見が遅れやすいため、目視できない血便も調べられる「免疫学的便潜血検査」を受けるようにしましょう!

最近では、自宅で採取した便を検査機関に送る「郵送検査」もあります。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ