大腸がんにかかる治療費

大腸がんの治療法

大腸がんにかかる治療費

大腸がんのガイド

大腸がんかかる治療費について、解説致します!

 大腸がんの治療では、検査代や診察代、入院費のほか、受ける治療によって手術や化学療法、放射線治療などの費用がかかってきます。

大腸がんの一般的な切除術を受け、30〜40日ほど入院した場合、総額で100〜200万円はかかります。

ただし一部の先進医療を除き、健康保険で3割負担(人によっては1割負担)となりますし、高額療養費制度を活用することもできます。

その他、民間のがん保険に加入していれば、手術代や入院費の給付を受けることも可能です。

大腸がん治療の費用の相場

 たとえば、大腸がんの検査で必須ともいえる内視鏡検査は、3割負担で12,000円ほどになります。

また手術費用は、開腹手術腹腔鏡手術ではそれほど大差なく、数十万〜100万の間が一般的です。

ただし腹腔鏡手術のほうが入院日数は大幅に短くなりますので、総額としては開腹手術のほうが高くなります。早期がんで行える内視鏡治療ですと、さらに安く済みます。

ただし手術では、切除するがんの数によって難易度が変わりますので、複雑な手術であればあるほど高額になります。

抗がん剤治療では、使用する薬や治療スケジュールによっても異なり、数万円〜30万円と幅があります。

たとえばFOLFOX療法を2泊3日の入院で受ける場合、約75,000円となります。さらに分子標的治療を加えた場合は10万円以上になります。

放射線治療は、1回につき3,000〜5,000円ほどですが、継続すると高額になっていきます。重粒子線治療などの先進医療を受ける場合は、300万円ほどもかかります。

高額療養費とは?

 先進医療を除き、健康保険で賄える治療では「高額療養費制度」を活用することが可能です。これを使えば、100万円かかる手術でも月10万以内で受けることができます。

高額療養費制度とは、月々の医療費が自己負担額を越えた場合、差額分が払い戻されるシステムです。自分の加入する保険者に申請すれば、限度額認定証を受け取ることができます。

所得によって上限額は異なりますが、一般所得者では80,100 円+(総医療費−267,000円×1%)の計算式になります。

たとえば手術などで月100万円の治療費がかかった場合、計算式にあてはめて、自己負担額は87,430円となります。

ただし個室入院した際の差額ベッド代や、入院中の食費などは含まれません。

民間のがん保険では、先進医療特約をつけたプランもあります。先進医療は高額になりますので、万一のために加入しておくと安心です。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ