大腸がんの人工肛門(ストーマ)造設

大腸がんの治療法

大腸がんの人工肛門(ストーマ)造設

大腸がんのガイド

大腸がん人工肛門(ストーマ)造設について、解説致します!

 直腸がんの手術を行う際に、人工肛門を造設することがあります。人工肛門はストーマとも呼ばれます。

現在では肛門と括約筋は温存することが多く、直腸がん手術の約8割で温存できるといわれますが、実際は切除しなければいけないケースもあります。

特に肛門のごく近くにがんが発生している場合や、高齢の患者さんの場合は、人工肛門を造ることで逆にQOLは向上することもあるのです。

人工肛門(ストーマ)とは?

 人工肛門とは、特別な器械をつけるわけではなく、患者さん本人の腸を外に出したものを指します。

直腸から肛門まですべてを切除する必要がある際、肛門の代わりに排便する場所として、腹壁に穴を開けて、そこから切除した部分の手前のほうの腸管を引き出します。

多くの患者さんが人工肛門を避けたいと思いますが、肛門のかなり近くにがんができている場合、無理に温存手術を行うとそれだけがんの取り残しが起きやすく、再発のリスクが高まります。

また高齢の患者さんでは、排便のコントロールが難しく、便を失禁してしまうこともありますので、必要に応じて、人工肛門を造設することは大切です。

人工肛門には、何らかの理由で一時的に造設するものと、永久的なものが存在します。

直腸と肛門を切除した場合は永久的人工肛門と呼び、一生付き合っていくことになりますが、大腸がんの術後に腸閉塞を起こした場合などは、一時的人工肛門を造ることもあります。

腹部から出た腸管ですが、粘膜の表面には痛覚はないため、触れても痛みを感じることはありません。ただし強い摩擦があると出血することはありますので注意が必要です。

人工肛門造設手術後の排便について

 人工肛門では、直腸のように便をためる機能はありませんので、ストーマ袋を密着させて、そこで便を受け止めることになります。

患者さんによってさまざまな種類がありますので、自分に合ったものを選び、正しく装着する必要があります。

また人工肛門には肛門括約筋がないため、排便のコントロールはできなくなります。そのため、慣れないうちは下痢をすると袋から便があふれてしまうことも少なくありません。

さらに袋を密着させたり、便が付着したりすることで皮膚がかぶれることもあります。

人工肛門を使いこなすためには、経験と試行錯誤が大切です。ストーマを使っている患者さん(オストメイト)のためのストーマ外来を設けている病院も増えましたので、困ったことがある時にはぜひ相談しましょう!

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ