大腸がん検査【目次】

大腸がんの検査方法まとめ

近年、急激に日本人に増えている大腸がん。早期発見するためには、できるだけ症状のないうちから検査を受けることが大切です。

「でも大腸がんの検査にはどんなものがあるの?」「どれを受けたら一番確実なんだろう?」と迷われている方もいるかもしれません。そんな方のために、大腸がんを発見するためによく行なわれている検査をまとめてみました。

続きを読む

大腸がん内視鏡検査まとめ

数ある大腸がん検査の中でも、大腸内視鏡は現段階でもっとも精度が高いとされる検査です。どんな検査から始めるにせよ、大腸がんの診断をつけるためには、ほぼ必ず大腸内視鏡検査が必要になります。

肛門から細いファイバースコープを挿入して、大腸の中を進ませながらモニターで腸内の様子を観察する検査ですので、小さな病変もほぼ確実に発見することが可能です。

続きを読む

大腸がんの腫瘍マーカーまとめ

腫瘍マーカーは、がんの血液検査の一種です。がんになると、血中に特定のタンパクや酵素が増えるため、それらの数値を測定することでがんのリスクを判定できます。

腫瘍マーカーは現在50種類以上見つかっており、大腸がんにもいくつかの腫瘍マーカーがあります。

続きを読む

大腸がん検診まとめ

大腸がんは、早期に発見できれば十分に完治できる可能性のある病気です。そのためにも、定期的に大腸がん検診を受けることが非常に大切だといえます。

大腸がん検診の受け方には、自治体や職場で無料(もしくは低料金)で受ける方法と、自費で個人的に受ける方法の2種類があります。前者はほとんどが40歳以上を対象としており、検査内容としては便潜血反応検査が一般的です。

続きを読む

大腸がん検査にかかる費用まとめ

「大腸がん検査を受けてみたいけれど、費用が心配…」という方も多いと思います。

実際、内閣府大臣官房政府広報室が2015年1月に公表した「がん検診を受けない理由の認識」という調査結果によると、「費用がかかるから」という理由を挙げた人が全体の38.9%に上ることが分かりました。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ